markの使い方についてまとめ

markの概要

markは文書の中でハイライトしたい箇所に使用します。ユーザーが検索したキーワードなど、利用者側の操作時に強調したい箇所に使用します。類似のemやstrongはWebページの作者が強調したい箇所に使用します。

注意点

markは関連性のあるコンテンツを表すために使用しますが、strongは重要性のある文字列を表します。

markのカテゴリー

markに入れられるタグ一覧

タグ早見表

a abbr area audio b bdo br button canvas cite code data datalist del dfn em embed i iframe img input ins kbd label link map mark math meta meter noscript object output progress q ruby samp script select small span strong sub sup svg textarea time var video wbr テキスト

入れられるタグのカテゴリー・モデル

markに使える属性

属性とは<mark> タグ内に入れることのできるものです。属性をあてはめることにより、CSS・JavaScriptなどで操作する際に識別させることが可能になります。

よく使うグローバル属性

id 概要 要素に対してID固有の識別名を付けることができます。
属性の値 英字から始まる英数字
class 概要 要素に対して分類名を付けることができます。
属性の値 英字から始まる英数字
style 概要 要素に対して直接スタイルを指定することができます。
属性の値 スタイルシートのコード

スポンサードサーチ

markの使い方



ブラウザ対応状況

ブラウザの対応(PC)
Chrome あり
Safari あり
Internet Explorer あり
Edge あり
Firefox あり
Opera あり
ブラウザの対応(SP)
Chrome あり
Safari あり
Samsung Internet あり

WORK REQUEST

CONTACT