optionの使い方についてまとめ

optionの概要

select要素・optgroup要素・datalist要素の中で選択できる項目を作成するために使用されます。

select要素・optgroup要素・datalist要素の中で選択できる項目を作成するために使用されます。

optionのカテゴリー

コンテンツカテゴリー

  • コンテンツカテゴリなし

    コンテンツモデル

    • コンテンツモデルなし

optionに入れられるタグ一覧

タグ早見表

テキストのみ

入れられるタグのカテゴリー・モデル

  • コンテンツカテゴリなし
  • コンテンツモデルなし

optionに使える属性

属性とは<option> タグ内に入れることのできるものです。属性をあてはめることにより、CSS・JavaScriptなどで操作する際に識別させることが可能になります。

よく使うグローバル属性

id 概要 要素に対してID固有の識別名を付けることができます。
属性の値 英字から始まる英数字
class 概要 要素に対して分類名を付けることができます。
属性の値 英字から始まる英数字
style 概要 要素に対して直接スタイルを指定することができます。
属性の値 スタイルシートのコード

optionに使える属性

disabled 概要 要素に対してdisabled属性が存在が指定されている場合、要素をクリックすることができなくなります。
属性の値 なし
label 概要 選択肢名を指定できます。label属性が要素に存在する場合、要素で囲ったテキストよりも優先されます。
属性の値 表示したいテキスト
selected 概要 あらかじめその項目が選択されている状態にできます。
属性の値 なし
value 概要 フォームのデータが送信される際に使用する値です。
属性の値 テキスト

スポンサードサーチ

<option>の使い方

ブラウザ対応状況

ブラウザの対応(PC)
Chrome あり
Safari あり
Internet Explorer あり
Edge あり
Firefox あり
Opera あり
ブラウザの対応(SP)
Chrome あり
Safari あり
Samsung Internet あり

WORK REQUEST

CONTACT