scriptの使い方についてまとめ

scriptの概要

scriptは主にJavaScriptなどを実行するために使用される要素です。他にも、VBScriptなどの別のスクリプトも実行可能です。

scriptのカテゴリー

コンテンツカテゴリー

  • コンテンツカテゴリなし

    コンテンツモデル

    • コンテンツモデルなし

scriptに入れられるタグ一覧

タグ早見表

src属性がない場合:type属性の値に従いスクリプトコンテキストの制約に合致したもの。src属性がある場合:なし(空要素)、もしくはスクリプトコンテキストの制約に合致したスクリプト文書。

入れられるタグのカテゴリー・モデル

  • コンテンツカテゴリなし
  • コンテンツモデルなし

scriptに使える属性

属性とは<script> タグ内に入れることのできるものです。属性をあてはめることにより、CSS・JavaScriptなどで操作する際に識別させることが可能になります。

よく使うグローバル属性

id 概要 要素に対してID固有の識別名を付けることができます。
属性の値 英字から始まる英数字
class 概要 要素に対して分類名を付けることができます。
属性の値 英字から始まる英数字
style 概要 要素に対して直接スタイルを指定することができます。
属性の値 スタイルシートのコード

scriptに使える属性

async 概要 スクリプトを非同期で読み込み実行します。src属性がない場合は効果がありません。
属性の値 async
crossorigin 概要 CORS(Cross-Origin Resource Sharing)で使用される属性で、他のサイトのリソースにアクセスする際に、認証情報を使用するかどうかを指定します。
属性の値 crossorigin
defer 概要 スクリプトを非同期に読み込みます。スクリプトを文書の解析完了後かつDOMContentLoadedが発生する前に実行することをブラウザーに示します。
属性の値 defer
integrity 概要 スクリプト改ざんチェックで使用されるハッシュ値を指定します。
属性の値 ハッシュ値
nomodule 概要 ES6 modules に対応していないブラウザに対するスクリプトを実行する場合に指定します。ES6 modules 対応ブラウザではこのスクリプトの実行を抑制します。
属性の値 nomodule
referrerpolicy 概要 スクリプトを読み込む際に、どのリファラーを送信するかを示します。
属性の値 no-referrer, no-referrer-when-downgrade, origin, origin-when-cross-origin, same-origin, strict-origin, strict-origin-when-cross-origin, unsafe-url
src 概要 外部スクリプトファイルのURLを指定します。
属性の値 URL
type 概要 スクリプトの言語を「type="text/javascript"」のようなMIMEタイプで指定します。
属性の値 text/javascript

スポンサードサーチ

scriptの使い方



ブラウザ対応状況

ブラウザの対応(PC)
Chrome あり
Safari あり
Internet Explorer あり
Edge あり
Firefox あり
Opera あり
ブラウザの対応(SP)
Chrome あり
Safari あり
Samsung Internet あり

WORK REQUEST

CONTACT